ニュース
» 2016年02月15日 14時55分 UPDATE

マクニカ Mpression Sodia:SoC FPGA開発を支援する「Cyclone V SoC」評価ボード

マクニカは、「Mpression」ブランドの新製品として、アルテラの「Cyclone V SoC」を搭載した評価ボード「Mpression Sodia」の販売を開始する。

[MONOist]
「Mpression Sodia」 「Mpression Sodia」

 マクニカが「Mpression」ブランドの新製品として、アルテラ「Cyclone V SoC」を搭載した開発ボード「Mpression Sodia」を2016年3月1日より販売開始する。価格は9万9800円(税別)。

 新製品はCyclone V SoCとして最大(11万)のロジックエレメントを持つD6を採用し、FPGA領域にDDR3メモリを持つなど画像処理に適したスペックを持ち、OpenCLを利用した画像処理などの開発に適する。

 アルテラのCyclone V SX SoC 開発ボードと互換性を持つ同社製品「Helio」の上位機種に位置付けられており、HPS周辺機能を継承し、ソフトウェア互換性も有する。ボードにはDVI出力を備えており、ドーターカードの設置によりDisplay Port/HDMI/SDI/LVDS/MIPI DSI/V-by-One HSなどのインタフェースを最大2系統まで拡張することもできる。

ブロック図 ブロック図

 RocketBoards.orgにはレファレンスデザインやデモデザインを掲載するとしており、第一弾はビデオ監視への用途を想定した3G SDI to LVDS/DVIマルチパネル出力デザインが予定されている。静止画スライドショー用Open CLデザインや音声入力デザインなどもリリースされる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.