ニュース
» 2015年12月07日 10時00分 UPDATE

パーソナルメディア スマートGUIサーバ:組み込み機器をスマホで制御、コスト削減や開発期間短縮に効果!

パーソナルメディアは、Webブラウザから組み込み機器をコントロールできるソフトウェア「スマートGUIサーバ」を開発。2016年2月1日より出荷を開始する。

[MONOist]

 パーソナルメディアは2015年12月7日、スマートフォンなどのWebブラウザから組み込み機器を操作できる制御用ソフトウェア「スマートGUIサーバ」を開発、2016年2月1日より出荷開始すると発表した。

 GUI操作できるスマートフォンからの制御情報を受け取り、センサー情報やHTML5によるGUI画面として出力できる制御用ソフトウェア。組み込み機器側での画面/GUI処理が不要であるた、機器の低コスト化や開発期間の短縮などを実現する。

「スマートGUIサーバ」の利用イメージ 「スマートGUIサーバ」の利用イメージ

 構成としては機器/サーバ統合型と機器/サーバ独立型の2つが選択でき、前者はサーバ設置を必要としないために構成をシンプルにでき、後者は組み込み機器側の軽量化が可能だ。センサー情報取得用としてJavaScriptのライブラリが提供されている他、GUI記述用のサンプルも付属する。

 HTML5ベースであるために端末の種類を問わずにGUI画面の表示が行え、「T2&μT2リファレンスキット」「μTeaboard 2.0」で動作するT-Kernel版や、Intel Edison/Intel Galileo 2で動作するLinux版も提供される。GUI記述用のHTML5によるWebアプリはいずれの構成でも動作するため、開発をLinux版で進め、製品実装をT-kernelで進めるといった開発工程を採用することもできる。

 なお、「T2&μT2リファレンスキット」で動作するT-Kernel版は2016年2月1日から出荷開始するが「μTeaboard 2.0」で動作するT-Kernel版は2016年3月1日から出荷する。Linux版については要問い合わせとなっている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.