メディア
連載
» 2021年08月20日 09時00分 公開

警視庁職員の不正アクセス事件から学べる“製造業での不正対策”宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(64)(1/2 ページ)

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、警視庁職員による庁内システムへの不正アクセス事件に焦点を当て、製造業でも気を付けるべき不正対策ついてお話しします。

[宮田健,TechFactory]

 受けとめ方が難しいタイプの事件がまた起きてしまいました。2021年8月6日、NHKニュースなどによると、警視庁の職員が庁内のシステムに不正にアクセスし、18万件を超えるファイルをコピーしたとして、不正アクセス禁止法違反などの疑いで書類送検されました。この職員はその他にも、不正なプログラムを作成し、運転免許に関するデータなど26万人分を削除した疑いも持たれています。

 その動機は「上司から注意されたことで日頃の不満が爆発し、上司やチームを困らせようとした」というもの。そもそもシステム障害への対処のため、特権を持つIDとパスワードを2年前に発行され、それをそのまま利用していたということも明らかになりました。

この事件、警視庁のずさんさを笑う人もいるかもしれません。しかし、これはどこにでも起き得ると私は考えています。

製造業は外部からの攻撃には強い、が……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.