メディア
連載
» 2021年01月15日 09時00分 公開

デジタル時代の「李下に冠を正さず」を考える宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(57)(1/2 ページ)

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、楽天モバイル元社員逮捕のニュースから、デジタル時代におけるビジネスパーソンとしての立ち振る舞いを考えてみます。

[宮田健,TechFactory]

 ショッキングなニュースがありました。携帯電話事業を行うソフトバンクから同じく携帯電話事業を行う楽天モバイルに転職した社員(当時)が、前職での業務上の機密を持ち出したという疑いで逮捕されたという報です。ソフトバンクは営業秘密を「不正に持ち出された」と発表していますが、楽天モバイルは「当該従業員が前職により得た営業情報を弊社業務に利用していたという事実は確認されておりません」と真っ向から否定しています。

 この事件そのものについては捜査が進行中であるため、これ以上の言及は避けますが、これは決して他人事ではないはずです。デジタル時代において情報の可搬性は高まっており、特に“クラウド時代”、そして“高速なモバイル通信”が可能ないま、ビジネスパーソンとしての立ち振る舞いも自ら律していかなければならないと感じています。

デジタル時代の転職マナー?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.