メディア
連載
» 2020年08月21日 09時00分 公開

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(52):自動車“が”脆弱性を突く? あっと驚く攻撃手法から学べること (1/2)

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、身近なIoTとして「自動車のセキュリティ」についてお話しします。

[宮田健,TechFactory]

 今回はTechFactoryらしく、身近なIoTのお話を。すぐそばにある“コンピューターの形をしていない”PCの代表格といえばやはり「自動車」なのではないでしょうか。自動車が誕生して以来、事故から人間を守るため、安全装置がたくさん考案されてきました。人の命を守るという意味のセキュリティは、自動車の性能の一つとして認識されているはずです。「このクルマはぶつかるとぺしゃんこになるけれど、すごく速い」。そんな自動車は選ばれるわけはありません。

 昨今、自動車はもはや走るコンピューターともいえるかもしれません。安全装置もインテリジェントになり、かつ便利に進化しています。そこには、もちろん脅威も含まれているのですが、その脅威も想像を超えた形でやってくるかもしれないということを意識しなくてはなりません。特に、そういったデバイスを作る側にとっては。

便利にする機械が、危険をもたらすかもしれない

 自動車のセキュリティにおいて昨今注目されているのは、新しく搭載された便利な仕組みに脆弱性が見つかることでしょう。例えばスマートキーにおける「リレーアタック」などが思い浮かぶでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.