連載
» 2019年02月06日 09時00分 公開

業務に適した3D CADをレーダーチャートで探る(5):「iCAD SX」を6つの視点で徹底評価する (1/2)

「機能性」「コスト性」「操作性」「連携性」「効率性」「運用性」の6つのポイントでレーダーチャートを作成し、3D CAD製品を評価する連載。今回は純国産の機械/機構設計向け3D CADソフトウェア「iCAD SX」を取り上げます。

[小原照記/いわてデジタルエンジニア育成センター,TechFactory]

iCAD SXとは?

 「iCAD SX(アイキャド エスエックス)」は、1980年代に富士通が開発した純国産のCADソフトウェアで、2001年から富士通子会社のデジタルプロセスへ、2010年からiCAD(法人)へとその開発が移管されています。

 機械装置、生産設備、工作機械などの機械/機構設計指向の3D CADソフトウェアで、「CSG(Constructive Solid Geometry)」と呼ばれるデータ構造で形状表現を行うことにより、部品点数の多いデータであっても高速に処理することが可能です。

機械および機構設計指向の3D CAD「iCAD SX」 画像1 機械および機構設計指向の3D CAD「iCAD SX」 ※富士通の公式Webサイトより

 また、当然といえば当然ですが、造形/意匠設計指向の3D CADソフトウェアではないため、自由曲面の多い自動車部品や家電製品のような形状表現は苦手な部分があります。


いざ、iCAD SXを分析!

 それでは、連載第1回で紹介した6つのポイントに合わせて、iCAD SXの特長を細かくチェックしてみましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading