ニュース
» 2018年10月04日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:製品品質の向上に寄与する“3D正”の設計と、その実現を支える「MBD」

全ての製品定義を3Dモデルに入れることにより、“3D正”の設計を実現する「MBD(Model Based Definition:モデルベース定義)」の基礎を解説する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『“3D正”の設計に向けた「MBD」導入のヒント』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

全ての情報を3Dモデルに、「MBD」で“3D正”の設計へ

 3Dモデルの情報として、注記や寸法などを付加する「3Dアノテーション」による“3D正”の設計を実現する上で欠かせない「MBD(Model Based Definition:モデルベース定義)」。その歴史と基本となる考え方を理解し、“3D正”の設計に向けたMBD導入の第一歩を踏み出そう。

日本初のMBD規格「JIS B 0060」について(JIS B 0060-4より抜粋) 日本初のMBD規格「JIS B 0060」について(JIS B 0060-4より抜粋)
  • 大きく動き始めた“3D正”の設計
  • 「図面レス」の終わりと日本における「3D図面」
  • 国内における関連規格やガイドライン策定の動き
  • “3D正”の設計が抱える3つの問題
  • 「公差解析」と「部品検査」における“3D正”のメリット

電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された特集記事「今こそ全ての情報を3Dモデルに集約せよ! “3D正”の設計を実現する『MBD』」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading