ニュース
» 2018年04月27日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:エリオットグループが挑戦する、個別受注設計の完全自動化とグローバル設計環境の構築

エリオットグループは、東洋経済新報社主催セミナーにおいて、PTCの3次元設計ソリューション「Creo」を駆使した個別受注設計の“完全自動化”への道のりと、PLMシステム「Windchill」を活用したグローバル設計環境の構築について語った。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『自動設計環境の構築に向けたエリオットグループの取り組み』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

自動設計環境の構築に向けたエリオットグループの取り組み

自動設計環境の構築に向けたエリオットグループの取り組み

 コンプレッサー(圧縮機)などの主力製品の設計において、エリオットグループはモノづくりプロセスの最適化をグローバルに展開することを目的に、2006年からデジタルデータを活用した改革に乗り出した。

 自動設計環境構築フェーズ1では、PTCの3次元設計ソリューション「Creo」を導入し、3D自動設計への取り組みをスタート。その後、PLMシステム「Windchill」の導入も行い、自動設計環境構築フェーズ2へと取り組みを進めているという。

 講演では、日本の製造業における“図面信仰の強さ”に言及。「図面中心からモデル中心へと考え方を変えるべき」「モデリングを3D CADで行い、図面を2D CADで行うような非効率な運用は絶対に避けるべき」「3D CADの特性をよく理解すれば、2D CADの機能はそもそも不要だ」など、3次元推進に向けた考え方や注意点が示された。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載されたレポート記事「デジタルデータ活用で個別受注設計の完全自動化を目指すエリオットグループ」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading