特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
ニュース
» 2018年03月09日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:IoTセキュリティはデバイス単体ではなく、システム全体で考える

急増するIoTデバイスのセキュリティをどのように考えるべきか? その最良のアプローチは、IoT機器のセキュリティを“デバイス単体で考えること”から脱却することだ。デバイス防御以外の方法でIoTシステム全体を守る手法を紹介する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『IoTセキュリティを検討する際に“脱却”すべき「考え方」とは?』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

本当に守るべきは「データ」、ならばデバイスだけでなく……

photo

 IoTデバイスにより収集されたデータはネットワークを介して、コントロールセンターに集約される。そして、そこに蓄積されたデータは分析/解析が行われ、得られた洞察を基にした制御や命令が、IoTデバイスやシステム全体にフィードバックされる。

 このIoTの基本的な流れの中でポイントとなるのが、データが必ず「ネットワーク」を経由して、コントロールセンターに集められるという点だ。では、その一連の流れの中で本当に守るべきものは何か? それは「データ」に他ならないだろう。

 そのため、「IoTデバイス単体を守る」という通常の発想に加えて、「ネットワークでデータを守る」という考え方が必要になってくる。こうした考えの下、対策を講じておけば、万一、IoTデバイスそのものが感染したとしても、ネットワークで感染拡大を防ぐことができるはずだ……(詳しくは、以下の電子ブックレット[無料PDF]にて)。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載された記事「IoTセキュリティはデバイス防御のみにあらず! 『分散連携防御』という考え方」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading