特集
» 2017年11月22日 09時00分 公開

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017:3つのアプローチで設計自動化を実現する「SOLIDWORKS」――そのビジョンと戦略 (1/2)

国内ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017」(東京)の基調講演に登壇したSOLIDWORKS ブランド CEOのジャン・パオロ・バッシ氏は、同社が取り組む設計自動化に関する3つのアプローチと製品戦略について言及。最新の「SOLIDWORKS 2018」から提供されるトポロジー最適化機能の詳細を説明した他、Webブラウザベースの新設計ツール「Xdesign」の可能性についても触れた。

[八木沢篤,TechFactory]

 「自動化による支援を受けることで、エンジニアたちはより素晴らしい設計が行えるようになるだろう」――。

 ソリッドワークス・ジャパン主催の国内ユーザー向け年次プライベートイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017」(会場:東京/会期:2017年11月10日)において、SOLIDWORKS ブランド CEOのジャン・パオロ・バッシ氏はこのように訴え掛けた。

SOLIDWORKS ブランド CEOのジャン・パオロ・バッシ氏 SOLIDWORKS ブランド CEOのジャン・パオロ・バッシ氏

関連資料ダウンロード[無料PDF]:

ミッドレンジ3D CAD「SOLIDWORKS」――その歴史と特長

TechFactory編集部が製品担当者にインタビューを実施し、その内容をまとめた「商用3D CADカタログ 2017年版」。今回はミッドレンジ3D CADとして製造分野を中心に幅広く利用されている「SOLIDWORKS」を取り上げ、その歴史や特長を紹介する。



SOLIDWORKSが目指す、設計自動化“3つ”のアプローチ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.