ニュース
» 2017年02月20日 07時00分 UPDATE

ハギワラソリューションズ 産業用SSD:SLC NAND型メモリ採用の産業機器向けSSD

ハギワラソリューションズがSLC NAND型メモリを採用した産業機器向けSSDを販売開始した。「最新NANDプロセスのSLCを採用」(同社)し、CFast、mSATA、2.5インチと3つのフォームファクタを用意した。

[渡邊宏,TechFactory]

 ハギワラソリューションズは2017年2月9日、産業機器向けSSDの販売を開始した。インタフェースはSATA 3Gbps(Gen 2)で、フォームファクタはCFast、mSATA、2.5インチSATAと3種類が用意される。容量は最大8GB。


 ライフサイクル(モデルサイクル)の長い産業機器への組み込みを前提に、メモリには書き換え回数が多いSLC(Single Level Cell)を採用。「最新NANDプロセスのSLCを採用し、長期供給に対応した」(同社)。動作温度は−40〜85℃を確保した(0〜70℃のタイプも用意)。

 同領域へのアクセス集中を防ぐことでビットエラーの発生を抑える「ランダマイザ」やバッググランドでブロックを再配置する「オンラインスキャン」などの機能に加えて、あわせて電源断時に動作するリカバリー機能や管理保護領域の保護機能なども用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.