ニュース
» 2016年10月28日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:地方都市「沖縄」でモノづくりに取り組む意義を考える

音楽と芸能の街に吹く、新しい風。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『「沖縄」でモノづくりに取り組む意義とは?』をご紹介します!

沖縄の未来を創る“新しい風”

沖縄の未来を創る“新しい風”

 起業家やスタートアップ企業を支援する開発拠点「スタートアップカフェ・コザ(STARTUP CAFE KOZA)」が、沖縄県の「コザ」と呼ばれる街にオープンした。

 コザは音楽と伝統芸能の街として知られ、夜の街は異国情緒が溢れる。そんな音楽と芸能の街で、今、モノづくりという“新しい風“が吹きつつある。

 スタートアップカフェ・コザには、「沖縄ミライファクトリー(OKINAWA MIRAI FACTORY)」というFABスペースが併設されている。ここでは、誰でも自由に使える(有料)3Dプリンタや3Dスキャナー、レーザーカッター、CNC切削機といった工作機械がずらりと並んでいる。

 沖縄という地で、FAB文化は今後どのように広がっていくのだろうか?

 スタートアップカフェ・コザのオープン記念イベントの模様、個別取材の内容を基に、沖縄ミライファクトリーが目指すことや、“沖縄”という地方都市でモノづくりに取り組む意義について紹介しよう。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された連載記事「沖縄モノづくり新時代」の第5回「エイサーの街で3Dモデリング/3Dプリンタ!? 沖縄の未来を創る“新しい風”」(掲載日:2016年9月26日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.