ニュース
» 2016年10月17日 08時00分 UPDATE

プロトラブズ:需要増加に伴いオンライン試作の製造能力/サービスを拡充、3Dプリンティングサービスの国内展開も

プロトラブズ合同会社は、日本国内における事業拡大に向けて、体制強化とサービス拡充を図るべく、2016年8月に実施した拡張移転に約7億円を投資したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
金型加工エリア プロトラブズ合同会社 新工場の金型加工エリアの様子(出典:プロトラブズ合同会社)

 プロトラブズ合同会社は2016年10月11日、日本国内における事業拡大に向けて、体制強化とサービス拡充を図るべく、同年8月に実施した拡張移転に約7億円を投資したことを発表した。

 米Proto Labsのアジア唯一の拠点として2009年に事業を開始した同社は、独自のICT基盤をベースとしたオンラインによるカスタムパーツの試作/小ロット生産サービスを日本国内で展開。開発工程における「試作」をメインターゲットに、射出成形および切削加工サービスを提供してきた。

 同社のサービスは、一般的な試作における作業工程を大幅に短縮できる“短納期化”を実現しており、順調に売り上げを拡大。2015年の国内売上高は2010年からの5年間で10倍以上に成長したという。このたびの投資は、こうした需要増加に対応するためのもので、2017年以降もさらなる事業拡大に向けて追加投資を行い、製造能力の強化、サービスの拡充を図る計画だとしている。

製造能力を強化! 新素材や新規サービスの追加も計画

 以降で、同社が取り組んでいる体制強化とサービス拡充のポイントを詳しく見ていこう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.