ニュース
» 2016年08月10日 18時00分 UPDATE

特選レポートガイド:着実に進む“つながる工場”への取り組み、一方で共通課題も見えてきた

アンケート調査「製造業における『工場内ネットワーク』の現状と課題」の結果レポート。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で実施した読者/会員アンケート「製造業における『工場内ネットワーク』の現状と課題」(調査期間:2016年6月)の結果をレポート形式にまとめました。

“つながる工場”「1年前より進んだ」と実感

“つながる工場”「1年前より進んだ」と実感

 「インダストリー4.0」など、工場内でのIoT活用や「つながる工場」が注目を集めている中、「実際に工場のネットワーク化に取り組んでいる」と回答したのは42.8%となった。前回調査(36.5%)からポイントを上げており、着実に取り組みが浸透していることがうかがえる。実際、「1年前と比べ取り組みが進んだか」聞いたところ、62.8%が「はい」と回答。経営層からの指示をきっかけに、40%近くが検討/着手を始めていることも分かった。

 その中で既に「本格稼働を開始している」と回答したのは19.6%で、「試験運用/検証中である」(33.6%)と合算すると、53.2%がつながる工場/工場内ネットワーク化の実現に向けて、本格的な取り組みを進めていることが見てとれる。

 アンケートではこうした調査の他、導入検討の足かせとなっている課題や、つながる工場/工場内ネットワーク化の課題の1つとして挙げられる「サイバーセキュリティ対策」に対する取り組み状況などについても聞いた。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで実施した読者/会員アンケート「製造業における『工場内ネットワーク』の現状と課題」(調査期間:2016年6月3〜14日)の結果を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.