ニュース
» 2016年06月22日 09時00分 公開

ケイズデザインラボ 3D-Mill K-650:切削の良さを最大限に引き出す、IoT対応の切削モデリングマシン (1/2)

ケイズデザインラボと岩間工業所が共同開発した切削モデリングマシン「3D-Mill K-650」には、従来の切削加工機にはない最新技術や、道具としてのこだわりが随所に盛り込まれている。

[八木沢篤,TechFactory]
3D-Mill K-650 切削モデリングマシン「3D-Mill K-650」

 3Dプリンタを活用したモノづくりの次のステップとして、「切削加工」で表面仕上げや精度を追求してほしい――。

 表面の仕上がりや加工精度といった“切削の良さ”を存分に発揮でき、“道具”としての使い勝手や見た目にもこだわった切削モデリングマシン「3D-Mill K-650」が、2016年6月下旬から出荷される(販売価格は660万円〜)。

 3D-Mill K-650は、ケイズデザインラボとして“初”となる自社ブランド製品で、岩間工業所との共同開発の末に誕生した切削加工機である。2015年12月に共同開発に関する記者発表が行われてから約半年。製品の最終調整もほぼ完了し、後は出荷を待つばかりだ。

 今回、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(会期:2016年6月22〜24日)での一般公開に先立ち、ケイズデザインラボと共同開発を行った岩間工業所の東京テクニカルセンターで、3D-Mill K-650の内覧会が行われた。本稿では、従来の切削加工機にはない最新技術や、道具としてのこだわりが随所に盛り込まれた同製品の特長について紹介する。

モノづくりの次のステップに最適なIoT対応の新世代「切削加工機」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.