ニュース
» 2016年03月04日 15時00分 UPDATE

EPO 年間レポート(2015年):トヨタ、ソニー、パナソニックがEPOにおける日本の3大特許出願企業に

欧州特許庁(EPO)は2015年におけるEPOへの特許出願数について、日本が全特許出願数の13%を占め、第1位の米国、第2位のドイツに次ぐ、第3位となったことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
tfayagi_epo1603_fig00.jpg

 欧州特許庁(European Patent Office:EPO)は、2015年におけるEPOへの特許出願数について、日本が2万1426件(前年比3.1%減)で全特許出願数の13%を占め、韓国(6411件)、中国(5721件)の出願数を大きく引き離し、第1位の米国、第2位のドイツに次ぐ、第3位となったことを発表した。

 また、EPOにおける技術分野主要10部門のうち、日本は「電気機械、装置、エネルギー」部門で第1位、「コンピュータ技術」部門と「輸送」部門でそれぞれ第2位となった。

 EPOにおける欧州の特許出願全体数は、2015年で16万件にまで上昇(前年比4.8%増)。その要因は、米国(同16.4%増)と中国(同22.2%増)の企業によるもので、これに対し、EPOに加盟する38カ国を出願元とする出願数は前年と同水準(0.7%増)であったという。出願元別の上位5カ国は、米国、ドイツ、日本、仏蘭西、オランダの順である。

トヨタが「輸送」部門で第1位の出願者に、世界最多企業TOP10は?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.