ニュース
» 2016年02月17日 11時00分 UPDATE

NECプラットフォームズ コルソス CSDJ:遠隔監視システムに必要な構成要素をワンパッケージに

NECプラットフォームズは、遠隔監視に必要とされるCPU、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアをワンパッケージ化し、小規模施設でも簡単かつ低コストで導入できる「コルソス」シリーズの新モデルを発売した。

[MONOist]

 NECプラットフォームズは2016年2月4日、上下水道施設や製造業、農業の現場を監視し、設備稼働状況・故障情報などの情報伝達・処理を行う遠隔監視システム「コルソス CSDJ」を発売した。

 同製品は、上下水道施設の水位や流量、製造業や農業などの現場設備を監視する遠隔監視システム「コルソス」シリーズの新モデルとなる。遠隔監視に必要とされるCPU、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアをワンパッケージ化し、小規模施設でも簡単かつ低コストで導入できる。

 また、遠隔監視システムで必要とされる、スタンドアロン/クラウド/オンプレミスの3つの運用形態に対応。運用形態や施設の規模に応じて選択できる。

 さらに、拡張IOポートと親子接続により、最大96入力までの増設が可能で、大規模設備にも対応できる。中央監視装置間通信の下位互換を保持するほか、音声、FAX、アナログ回線などの通報方式にも対応し、同一システムで従来機種との混在運用も可能にした。

 価格は、標準タイプが28万円、親子接続対応が42万円、データ通信タイプが18万円(いずれも税別)。出荷開始は同年3月30日の予定だ。

photo 遠隔監視制御システム「コルソス CSDJ」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.