メディア
ニュース
» 2019年02月13日 09時00分 公開

第1回 次世代3Dプリンタ展:Stratasys、金属3Dプリンタの常識を覆す次世代AM技術「LPMテクノロジー」を訴求 (1/2)

ストラタシス・ジャパンは「第1回 次世代3Dプリンタ展」において、次世代メタルAM技術「LPM(Layered Powder Metallurgy)テクノロジー」を用いて造形したサンプルパーツを初公開した。これまで樹脂材料に特化した3Dプリンタ製品を展開してきた同社が、金属積層造形市場にも本格展開する構えを見せる。

[八木沢篤,TechFactory]

 Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパンは「第1回 次世代3Dプリンタ展」(会期:2019年2月6〜8日/会場:東京ビッグサイト)に出展し、次世代メタルAM技術「LPM(Layered Powder Metallurgy)テクノロジー」を用いて造形したサンプルパーツを初公開した。

サンプルパーツ(1)サンプルパーツ(2) 次世代メタルAM技術「LPMテクノロジー」を用いて造形したサンプルパーツ

 LPMテクノロジーは、“新たな生産向けソリューション”と位置付けられており、金属積層造形の従来手法の1つであるDMLS(Direct Metal Laser Sintering:ダイレクトメタルレーザー焼結)の課題とされてきた造形スピード、材料コスト、後工程の手間の問題を解決すると同時に、パウダーベッド方式の課題として挙げられる密度、焼結時の収縮率の問題も克服する産業グレードの金属3Dプリント技術である。

LPMテクノロジーとは? 3つの造形プロセスとその特長

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading