仕事で使えるCADのデスクトップ仮想化

「仕事で使えるCADのデスクトップ仮想化」をテーマに、関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

おすすめ記事/ブックレット

MONOistでは、設計現場でのデスクトップ仮想化の活用状況について、読者調査を実施した。調査結果によると、設計環境でデスクトップ仮想化を利用しているのは10.6%となり、利用企業は「データ漏えい対策」や「情報共有の容易さ」などに効果を得ているという結果となった。 [レポート]

製造業で「デスクトップ仮想化」は本当に仕事で使えるのか?設計・開発環境におけるデスクトップ仮想化に関する読者調査を実施した。本リポートではその導入状況、メリット、今後の導入意向などについてまとめている。 [レポート]

日立建機の開発・設計部門が、3DCAD業務でデスクトップ仮想化を大量導入した。これはおそらく、性能とコストを両立させるGPU仮想化機能を採用した、国内初の事例だ。 [事例]

設計環境のグローバル化が進む中、3D CADのデスクトップ仮想化(VDI)が、注目を集めている。グローバルに事業を展開する製造業各社がVDI採用を拡大する中、導入に当たってはどのような注意が必要になるだろうか。インフラを支える3社が、ポイントを紹介する。 [事例]

関連ホワイトペーパー/ウェブキャスト

設計環境でデスクトップ仮想化なんて無理だ、必要ない――。そう思い込んでいる設計・開発関係者は多い。しかし、本当にそうだろうか。デスクトップ仮想化に関する技術進歩は目覚ましく、実はここ最近の設計・開発環境に求められている要求は、「仮想化」により、その多くが解決可能となっている。デスクトップ仮想化が設計環境にもたらす価値について解説する。 [事例]

GPU仮想化でCAD環境がガラリと変わる!?メジャーなCADベンダーが次々と仮想化環境に対応する姿勢を打ち出しているなか、ワークステーションに代わる新しいプラットフォームが登場している。 [事例]