製品ニュース(3D CAD)

製品選定に役立つ最新の「3D CAD」関連ニュースをお届けします。

サイバネットシステム/富士通アドバンステクノロジ:

サイバネットシステムは、富士通アドバンステクノロジと公差解析業務支援での協業を開始した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ヴェロソフトウェア VISI:

ヴェロソフトウェアは、金型向けの設計、製造CAD/CAMソリューション「VISI」の新バージョン「VISI 2017 R2」を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ソリッドワークス・ジャパン SOLIDWORKS 2018:

ソリッドワークス・ジャパンは、3次元設計開発ソリューション「SOLIDWORKS」の最新版「SOLIDWORKS 2018」に関する記者説明会を開催した。SOLIDWORKS 2018では、3次元資産の活用をより強化する機能拡張が行われた他、新製品「SOLIDWORKS CAM」や「SOLIDWORKS Manage」に関するアナウンスも行われた。

【八木沢篤 , TechFactory】()
Autodesk University Japan 2017/不二精機|事例:

食品加工機械メーカーの不二精機は、おにぎり成形機で業界トップシェアを誇る。同社では、年間約10機種の新規開発を行うとともに、既存機種のカスタマイズにおいても約30機種を手掛けている。開発型の企業である同社にとって開発効率の向上は重要な課題である。そこで業務プロセスを変革すべく、2D CADから3D CADへの移行を決断。2001年から行ってきた同社の3D CAD推進の取り組みを紹介する。

【八木沢篤 , TechFactory】()
トヨタ VR活用事例:

3Dデータの活用は各社にとって取り組むべき課題となっているが、「どう活用するか」は難しい。1990年代から3Dデータ活用に取り組むトヨタはVRやARを手段として、3Dデータを「もっといいクルマづくり」に結び付けようとしている。

【渡邊宏 , TechFactory】()
NDES/エリジオン CADデータチェッカー:

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)とエリジオンは、製造業向けの3D CADデータ品質管理サービスに関するアライアンス契約を締結。NDESのクラウドサービスにエリジオンの3D CADデータ変換/活用支援ツールのエンジンを搭載し、データ品質管理サービス「CADデータチェッカー」として提供する。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ZWSOFT ZW3D 2017 SP:

中国のZWSOFTは3次元CAD/CAM統合ソリューション「ZW3D 2017 SP」を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
シーメンスPLMソフトウェア Solid Edge:

シーメンスPLMソフトウェアは、条件を満たしたスタートアップ企業に対して、同社3D CAD「Solid Edge Premium」のライセンスを1年間無償で提供する「Solid Edge for Startupsプログラム」を全世界で展開する。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
日本ユニシス・エクセリューションズ CADmeister:

日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister」の新バージョンである「CADmeister V12.0」の提供開始を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ゼネテック Mastercam:

ゼネテックは、3D CAD/CAMシステム「Mastercam」の新バージョン「Mastercam 2018」の日本語版を発売した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ラティス・テクノロジー/図研 XVL Studio WR:

ラティス・テクノロジーは、図研と産業機器のケーブル配策経路検討を直感的に行う配線設計ツール「XVL Studio WR」を共同開発した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
オートデスク Autodesk Generative Design:

オートデスクは、機械学習と解析に基づくアルゴリズムを応用し、設計者が思い付かないような形状を導き出す「ジェネレーティブデザイン」の製品化に関する最新状況を発表。2017年内に「Autodesk Generative Design」をプロダクト化し、既存製品への搭載を前提に展開していく方針を明らかにした。

【八木沢篤 , TechFactory】()
富士通 iCAD SX V7L6:

富士通は、設計情報を蓄積および活用する機能や、製図機能を強化した機械装置設計向け3次元CADソフトウェア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX」の最新バージョン「iCAD SX V7L6」を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
シーメンスPLMソフトウェア Solid Edge ST10:

シーメンスPLMソフトウェアは、3次元設計ソリューション「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge ST10」の機能強化に関する記者説明会を開催した。「設計」「解析」「製造」「技術文書作成」「データ管理」「コラボレーション」に関する機能が強化されているという。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ゴールドウイン テック・ラボ:

ゴールドウインは、スポーツウェアなどの開発力を強化するため、研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」を、2017年10月に開設すると発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ラティス・テクノロジー XVL Web3D Player:

ラティス・テクノロジーは、同社の軽量化フォーマットであるXVL用の無償ビュワー「XVL Web3D Player」を発表し、体験版を公開した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
PTCジャパン Creo 4.0:

フィジカルとデジタルの融合をテーマに、「Creo 4.0」で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について、米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明。さらに3Dプリンタ連携機能の一環として着手し始めている「トポロジー最適化」についても言及した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
PTCジャパン主催 CAD勉強会:

3D CAD発展の歴史と、PTCの3次元設計ソフトウェア「Creo」の注目機能について、PTCジャパン 製品事業部 CADセグメントディレクターの芸林盾氏がやさしく解説する。

【八木沢篤 , TechFactory】()
シーメンスPLMソフトウェア:

シーメンスPLMソフトウェアは、アメリカ機械学会(ASME)が世界中で開催するSTEM(科学/技術/工学/数学)イベント「E-Fests」のスポンサーに就任したと発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
オートデスク Fusionファミリー:

オートデスクは、クラウド利用に対応した製品設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」とその関連製品の販売体制を強化していく。個人での利用および年間売り上げが10万米ドル未満の企業は、従来通り無償で利用できる。

【加藤まどみ , TechFactory】()
サイバネットシステム/Sigmetrix:

サイバネットシステムのグループ会社である米Sigmetrixは、幾何公差教育とコンサルティングを専門とする米Advanced Dimensional Management(ADM)との業務提携を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
日本ユニシス・エクセリューションズ CADmeister V11.1:

日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister」の最新版V11.1を発売した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
SOLIDWORKS World 2017 CEOインタビュー:

SOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS World 2017」では、次期バージョンの「SOLIDWORKS 2018」をはじめ、多くの新製品や新機能、新たな取り組みなどが発表された。こうしたアップデートがなされた背景には、3D設計業務の未来を見据えた戦略やビジョンがある。SOLIDWORKSブランドの最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシ氏に話を聞いた。

【八木沢篤 , TechFactory】()
コダマコーポレーション TopSolid’Mold 7.10J:

コダマコーポレーションは、プラスチック金型設計支援システムの新製品「TopSolid’Mold 7.10J」の販売を、2017年2月1日から開始すると発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
SOLIDWORKS World 2017:

世界中から5000人以上の参加者が集まる3D設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」が米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開幕した。SOLIDWORKSのキーマンによる講演やキーノートスピーチの他、先進的なユーザー事例の数々を見聞きすることができる。また、次期バージョンで搭載予定の新機能について披露されるスニークプレビューも注目。今回はどのような新機能や新たなソリューションを提案してくれるのか注目していきたい。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ラティス・テクノロジー XVL Vmech Simulator:

ラティス・テクノロジーは、製造設備の機構を動的に検証する「XVL Kinematics Suite」と、その制御ソフトウェアを仮想検証する「XVL Vmech Simulator」の最新版の提供を開始した。

【TechFactory】()
オートデスク 123Dシリーズ:

オートデスクは、無償3D CADツール「123Dシリーズ」の新規サービス提供を終了する方針を明らかにした。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
エーディーディー VariCAD 2017:

エーディーディーは、2D機械製図と3Dモデリングに対応する機械工学設計向けCADソフト「VariCAD 2017 日本語版」を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
コダマコーポレーション TopSolid’Cam 7.10J:

コダマコーポレーションは、フランスのCAD/CAMベンダーであるMissler Softwareが開発した3次元ソリッドCAD/CAMシステムの新製品「TopSolid’Cam 7.10J」の販売開始を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
シーメンスPLMソフトウェア Parasolid v29.0:

シーメンスPLMソフトウェアは、幾何形状モデリングのコンポーネントソフトウェア「Parasolid」の最新バージョン「Parasolid v29.0」を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
サイバネットシステム/Sigmetrix GD&T Advisor:

サイバネットシステムは、グループ会社のSigmetrixが開発する幾何公差設定支援ツール「GD&T Advisor」のモデルベース定義(MBD)のコア技術が、PTCの3次元設計ソフトウェア「Creo 4.0」に採用されたことを発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
PTCジャパン Creo 4.0:

PTCジャパンは、3次元設計ソフトウェア「Creo」の最新バージョン「Creo 4.0」を発表した。業界最新のテクノロジーを導入すると同時に、IoTプラットフォームやARソリューションとの連携を強化し、さらなる生産性向上をもたらすという。

【八木沢篤 , TechFactory】()
サイバネットシステム バーチャルデザインレビュー:

サイバネットシステムはHTCのHMD「Vive」を用いて、VR空間上に表示された3次元設計モデルを使って複数人での設計レビューが行える「バーチャルデザインレビュー」を販売開始した。

【TechFactory】()
シーメンスPLMソフトウェア NX 11:

シーメンスPLMソフトウェアは、CAD/CAM/CAE統合ソリューションの新版「NX 11」を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ソリッドワークス・ジャパン SOLIDWORKS 2017:

ソリッドワークス・ジャパンは、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の最新バージョンである「SOLIDWORKS 2017」の国内販売を2016年11月1日より開始すると発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
PTCジャパン Creo in the Cloud:

PTCジャパンは、同社が管理するクラウドサービスにおいて、3次元製品設計ソフトウェアであるCreo ParametricのSaaS版「Creo in the Cloud」の提供開始を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
サイバネットシステム CETOL 6σ:

サイバネットシステムは、グループ会社のSigmetrixが開発・販売・サポートを行う3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」の最新バージョン9.0を発表した。

【TechFactory】()
オートデスク Industry Collections:

オートデスクは、これまで業界/業種別に提供してきたソフトウェアパッケージ「Suite」の構成と提供方法を見直し、新たに3種類のパッケージ製品「Autodesk Industry Collections」の提供開始を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ミスミ meviy:

ミスミは、設計、発注から納品までの業務を効率化する次世代モノづくりプラットフォーム「meviy(メヴィー)」の提供開始を発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
アンドール/アリエル:

アンドールとアリエルは、3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップで提供する「3Dデータセンター」サービスの提供を開始した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
キヤノンITソリューションズ:

キヤノンITソリューションズは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合させた設計製造業向けCADソリューションの提供開始を発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ネットアップ NetApp AFF:

ネットアップは、JVCケンウッドがオフィス用途や3次元CAD向けの仮想デスクトップ基盤に、NetAppオールフラッシュFAS(NetApp AFF)などを採用したことを発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
PTCジャパン Creo:

PTCジャパンは、EIZOが特定用途向けモニターの設計開発に3次元CAD「PTC Creo」と、3次元設計オプション「PTC Creo Advanced Assembly Extension」を採用したことを発表した。

【TechFactory】()
ネットアップ NetApp FAS:

ネットアップは、日立建機が3次元CADを稼働させる仮想デスクトップ(VDI)環境に、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを採用したと発表した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
ELDC TransMagic:

エレメンタルデザイン&コンサルティングは、マルチCADビュワー/CADトランスレーターの最新版「TransMagic version R12」の提供を開始した。

【TechFactory】()
オートデスク Alias/VRED:

オートデスクは、自動車向けのデザイン支援ソフトウェア「Autodesk Alias」および「Autodesk VRED」の2017年バージョンを発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
オートデスク AutoCAD 2017:

オートデスクは「Autodesk AutoCAD 2017」「Autodesk AutoCAD LT 2017」をサブスクリプションライセンスで提供すると発表した。

【提供:MONOist編集部 , TechFactory】()
ヴァイナス TransMagic R11:

ヴァイナスは、3D CADデータ変換・修正ツールの新製品「TransMagic R11」の販売を開始する。

【MONOist】()
Autodesk/Siemens マルチCAD:

オートデスクとシーメンスは、設計開発現場におけるマルチCAD環境下で課題となっている“ソフトウェア間の相互運用性”に伴う、コスト削減とデータ整合性問題の防止を促進することを目的に、ソフトウェア間の相互運用性強化に関する契約を締結した。

【八木沢篤 , TechFactory】()
サイバネットシステム ANSYS SpaceClaim:

サイバネットシステムは、リバースエンジニアリングや3Dプリンタ用データ作成に関する機能強化などが図られた3D CAD「ANSYS SpaceClaim 2016」の国内出荷を開始した。

【MONOist】()
日本ユニシス・エクセリューションズ CADmeister:

日本ユニシス・エクセリューションズは、国産の3D CAD/CAMシステム「CADmeister V10.1」の提供を開始。設計レスポンス向上や加工効率向上につながる改善が図られている。

【MONOist】()