メディア

モノづくり設計者のワークスタイル調査

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、これまでの働き方が大きく変化しつつある昨今。リモートワークの実施状況やその中で感じる課題など、コロナ禍における製造業設計者のワークスタイルの変化と現状を調査しました。

TopStory

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では、新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした、モノづくり設計者のワークスタイルの変化に関する調査を実施。リモートワークの実施状況や課題が明らかになった。

Special Contents -PR-

デジタル化が進む製造業で、いまだに紙の図面を作成してFAXするという運用が続いている「部品調達」。モノづくりのスピードアップを阻害し、生産性向上のボトルネックとなっている部品調達において“デジタル革命”と注目されるのが、ミスミが提供するオンライン製造コマース「meviy」だ。設計データをアップロードするだけで即時見積もり/最短即日出荷というスピード感を実現するmeviyの実力とは?

特注部品の手配時に、加工用2D図面の作成や加工業者ごとに異なる見積回答時間の調整といった、発注前作業に時間を取られるケースは多い。これらの作業を圧縮し、付加価値の高い設計業務に時間を費やすには、どうすればよいのか。

関連記事

デジタルモノづくり:

オフィス内での新型コロナウイルス感染症対策に役立つ製品として、手のひらを使わずに腕でドアを開くことのできる「ハンズフリードアオープナー」がある。このハンズフリードアオープナーを自社で設計製造した電通国際情報サービスの取り組みについて前後編で紹介する。

(2021年1月27日)
CAE最前線:

理化学研究所のスパコン「富岳」を用い、コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する飛沫の飛散シミュレーションが実施されている。理化学研究所が独自開発する流体シミュレーションソフトウェア「CUBE」による飛散シミュレーションの概要、注目すべき結果などについて、理化学研究所 計算科学研究センター チームリーダー/神戸大学大学院システム情報学研究科 教授の坪倉誠氏に話を聞いた。

(2020年12月8日)
デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(2):

3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第2回は、設計者の「働き方改革」の視点を交えながら、設計業務における3Dプリンタ活用の在り方について解説する。

(2020年6月26日)
3Dプリンタニュース:

日本HPはオンラインで事業説明会を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた2020年の振り返りと取り組み、今後の展開について紹介。本稿では、特に同社3Dプリンティング事業にフォーカスし、その内容を取り上げる。

(2021年1月25日)
CADニュース:

PTCジャパンは、SaaS型製品開発プラットフォーム「Onshape」の“日本語版”の提供開始に併せ、オンライン記者説明会を開催。Onshapeの詳しい特長とともに、同社が推進するSaaS戦略のビジョンや今後の展開について語った。

(2021年1月26日)
LiveWorx 20 Virtual:

PTCはバーチャルライブイベント「LiveWorx 20 Virtual」で、同社のSaaS型ソリューションの特徴や最新事例について語った。また、特にリモートワークに役立つARソリューションおよび、その開発環境についても紹介した。

(2020年6月30日)
メカ設計メルマガ 編集後記:

ぜひ当社のオフィスリニューアルでも活用していただきたい!

(2021年1月19日)
デジタルモノづくり:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、深刻なマスク不足の状態が続いた当初、イグアスは突如、3Dプリンタ製マスク(3Dマスク)のSTLデータを無償公開した。本格的なモノづくりを実践したことのない同社がなぜ3Dマスクの開発に踏み切り、最終的に製品化までこぎつけることができたのか。

(2020年7月9日)