ワイヤレス

「ワイヤレス(無線)」に関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

おすすめブックレット

2012年以降に実用化されるデータ伝送速度が1Gビット/秒超の高速無線LAN。既存のIEEE 802.11nに比べて大幅な高速化が図られている。そこにはどのような技術が採用されているのか? 「IEEE 802.11ac」と「IEEE 802.11ad」の高速化を支える技術的な側面に焦点を絞って解説しよう。 [レポート]

Bluetooth技術のカンファレンス「Bluetooth World」が米国で開催された。BluetoothとZigBeeはよく比較されるが、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothの勢いの方が強いようだ。 [レポート]

関連ホワイトペーパー/ウェブキャスト

計測デバイスの仕組みをよく理解し、設定を最適化する方法を知ることが、最高の性能を引き出す鍵となります。この資料を読めば、スペクトル解析の基本を習得し、独自のニーズに合わせて計測を最適化できるようになります。 [技術文書]

LTE-Advancedを実現するキャリア・アグリゲーションについて説明する。はじめに、技術的背景と詳細について説明する。さらに、デモンストレーション・ビデオにそって、実際の電子計測機器の視点からキャリア・アグリゲーションを俯瞰する。 [Webキャスト]

関連ブックレット

宅内にあるさまざまなエレクトロニクス機器をネットワーク接続し、電力の消費量を監視・制御する、宅内の電力管理システム「HEMS(Home Energy Management System)」は、最終的な形がまだ見えていない。HEMSを構築する要素の1つである無線通信の分野でも、各種アプリケーションとの連携や、組み込みの容易性を訴求した提案が相次いでいる。 [e-book]

一般家庭に無線機器があふれ返る現代。機器メーカーは、標準規格に準拠した半導体チップやモジュールを利用すれば、比較的容易に無線機能を組み込める。しかし規格の林立や機器の複雑化などで、無線設計の不具合からは簡単に逃れられないのが実情だ。その不具合を確実に捕捉し、原因を追究する道具が必要になる。無線設計に欠かせない測定器であるスペクトラムアナライザが近年、この要求に応えるべく進化を遂げている。 [e-book]

最新の無線通信規格を採用した機器を開発する場合、通信距離を確保するためには、送信器と受信器の末端部分に当たるRFフロントエンドの設計が重要となる。本稿では、まず、RF回路の設計に必要となる基礎知識についてまとめる。その上で、通信距離を確保するための設計上のポイントや、RFフロントエンドICの最新動向などを紹介する。 [e-book]