ISO 26262

おすすめブックレット

本ブックレットでは、日本の自動車業界でも対応作業が本格化し始めているこのISO26262の概要・全体像について説明する。加えて、国内でも実施されており、比較的プロセス改善に着手しやすいISO26262の“ソフトウェア開発”とその“手法”について詳しく解説する。 [e-book]

関連ホワイトペーパー/ウェブキャスト

自動車向け機能安全規格ISO26262では、様々なケースを想定した 故障解析や影響評価、信頼性計算、改善シミュレーションが 開発成功の鍵を握っている。 [製品資料]

電動パワーステアリング大手の株式会社ジェイテクトが、ISO26262対応のためにIBM Rational ソリューションを選択したのはなぜか。そしてその先に見えたものは何か。 [事例]

もう待ったなしのISO26262への対応に向けて、IBM Rational ソリューションでは新しいアプローチを提供している。開発プロセスの簡素化、開発コストの削減、ワークフロー全体にわたる要求のトレーサビリティー確保と文書化の自動化など、各課題に対する解決策を提示する。 [技術文書]

自動車向け機能安全規格である「ISO26262」の正式発行から1年以上が経過した。国内の自動車業界の対応状況はどうなっているのだろうか。 [e-book]

ISO26262の対応が迫られる中、その規格に対応するだけで終わっていないだろうか。機能安全対応を経て、競争力を高めて行くことを意識することが必要である。そこで求められる「機能安全構築STEPのヒント」など、ウェブキャストでお伝えする。 [Webキャスト]

2012年、自動車業界に特化した機能安全国際規格ISO26262が発行され、その対応への要求がより一層厳しくなったのではないでしょうか。今後、このようなコンプライアンス対応のためには、開発のプロセスの簡素化とコストの削減を実現する新しいアプローチが必要ではないでしょうか。 [技術文書]

関連ブックレット

本ブックレットでは、システム開発、ハードウェア/ソフトウェア開発など、ISO26262に準拠した開発プロセス全般と関係してくる「ISO26262 Part.8 支援」の中でも、日本のソフトウェア業界が苦手とする管理プロセスと、注目されているものの実施が難しい検定プロセスについて取り上げる。 [e-book]