日本のモノづくりにおけるIoT活用の実態とそれを支えるIT基盤とは

「日本のモノづくりにおけるIoT活用の実態とそれを支えるIT基盤とは」をテーマに、関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

おすすめ記事/ブックレット

MONOistおよびtechfactoryジャパンは2014年9月、「IoT(モノのインターネット)に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業におけるIoT/M2Mの活用動向や課題、目的、製品導入の状況などが明らかになった。

ドイツ連邦政府が主導するモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」。しかしNECでは「日本の製造業にとってもチャンスだ」と語っている。なぜドイツの政策であるインダストリー4.0が日本の製造業に関係があるのか。また、NECがインダストリー4.0で描く世界はどのようなものなのだろうか。NEC グローバルプロダクト・サービス本部 主席主幹 兼 組込みビジネス営業本部 桑原一悦氏に聞いた。

IoT(モノのインターネット)やビッグデータ解析の活用先としてにわかに「製造現場」への注目度が高まっている。製造業において、ICTの活用により生産性や柔軟性をもう一段高めようとするモノづくり革新の動きが活発化する一方で、これらの技術のビジネス活用を推進したいIT系企業が提案が加速。製造現場への熱気が高まっている。

関連ホワイトペーパー/ウェブキャスト

数百億個のデバイスが互いに接続された「Internt of Things(IoT)」がモノづくり企業にもたらす変革とは? ―IoTによるインパクトの考察と必要な技術要件の検討、各企業が取り組むべき内容を提言。

カーナビなどの車載機器で実績を持つパイオニアは、パートナーとの連携を深め、業界に先駆けて蓄積しているビッグデータから新たなサービス創出をめざす。