第5世代移動通信(5G)

「第5世代移動通信(5G)」に関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

おすすめ記事/ブックレット

EE Times Japanは2015年5〜6月、「第5世代移動通信(5G)に関する技術動向/意識調査」を実施した。標準化/法整備が整わず、多くの技術課題も克服する必要のある5Gだが、日本のエンジニアの多くが「2020年に商用化は可能」と考えていることなどが明らかになった。

第5世代移動通信(5G)の標準化活動が世界各地で加速している。EE Timesは、次世代無線技術を研究するニューヨーク大学科学技術専門校 次世代無線研究センター「NYU Wireless」でディレクタを務めるTheodore Rappaport氏に、5G実現に向けた課題などを聞いた。

関連ホワイトペーパー/ウェブキャスト

昨今、携帯電話等でやりとりされる無線のデータ通信量は急激に増加しており、LTE-Advancedや、5Gなどの次世代通信技術の開発が急務となっている。本資料では、5Gの基礎や技術課題、4つの構成技術(新しい波形、ネットワークの高度化、Massive(大規模) MIMO、ミリ波通信)について事例を交えて解説する。

今日の様々なシステムやアプリケーションでは、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テスト・計測アプリケーションを使いこなすには、RF/通信の基本的な知識が必要である。アナログ/デジタル変調、I/Qデータ、RF/マイクロ波仕様、スペクトル計測などを解説。