ニュース
» 2016年09月21日 12時00分 UPDATE

イーソル UncannyDL QSK:ディープラーニング画像認識の検証期間が数カ月から1週間へ大幅短縮

イーソル、Uncanny Vision、ビーティージーコンサルティングの3社は、組み込み機器を用いたディープラーニング画像認識の検証を容易に行える「UncannyDL QSK(Quick Starter Kit)」の提供開始を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 イーソル、印Uncanny Vision、ビーティージーコンサルティング(BTG)の3社は2016年9月13日、組み込み機器を用いたディープラーニング画像認識の検証を容易に行える「UncannyDL QSK(Quick Starter Kit)」の提供開始を発表した。

 UncannyDL QSKを用いることで、ユーザー自身がこれまで行う必要のあったCNN(Convolutional Neural Network:畳み込みニューラルネットワーク)の構築や学習作業が不要となり、認識対象物の画像を用意するだけで、ディープラーニング画像認識の迅速な評価を可能にする。従来、数カ月かかっていた検証作業期間が1週間程度に大幅短縮できるという。

「UncannyDL QSK」活用メリット 「UncannyDL QSK」活用メリット ※出典:イーソル

 特に、ADAS(Advanced Driver Assistance System:先進運転支援システム)や、IoT機器、マシンビジョン、監視カメラ、AR(Augmented Reality:拡張現実)といったインテリジェント化が加速する組み込みシステムの開発に効果を発揮するとしている。

UncannyDL QSKの特長と価格

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.