ニュース
» 2016年05月12日 12時00分 UPDATE

イーソル eSOL MBP:「Simulink」を利用してCソースコードや制御アルゴリズムの並列化を実現

イーソルは、マルチ・メニーコアハードウェア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮称)」のプロトタイプを開発したことを発表した。

[TechFactory]

 イーソルは2016年5月9日、マルチ・メニーコアハードウェア環境向けのソフトウェア開発を支援する、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP(仮称)」のプロトタイプを開発したことを発表した。

 eSOL MBPは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の支援を受け、イーソルと名古屋大学枝廣研究室によって研究開発された成果を実用化したもの。


「Simulink」で設計した制御モデル、ブロック線図からCソースコードや制御アルゴリズムを並列化

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.