メディア

[PR]モノづくりのDXは製造現場のデータ分析から

人手不足やコスト削減など、製造業が抱える課題の解決に欠かせないものとなっているデータ活用。本特集では製造現場におけるさまざまなデータを有効活用するために求められる「データ分析ソリューション」を特集します。

Special Contents

アヴィバ株式会社

スマート保安や脱炭素化への対応に向けて、DXへの取り組みが喫緊の課題となっているプロセス系製造業とプラント業界。DXに欠かせない「データのサイロ化」の解決と、フレキシブルなデータ活用の実現に最適なプラットフォームとは?

製品・ソリューション

アヴィバ株式会社

化学プラントにおけるオペレーションのデジタル化は、化学産業に属する多くの企業にとって不可欠な取り組みの1つとなっている。どう着手すべきか分からないという企業に向け、適切な推進法を解説する。

アヴィバ株式会社

人命に関わるような事故と常に隣り合わせの状況にある生産プラントだが、そのパフォーマンスを最適化することで、リスクは未然に回避できる。最適化に必要な、あらゆるオペレーションデータの可視化、全社的な共有をどう実現すべきか。

アヴィバ株式会社

プラントをはじめとする顧客の化学設備のリモートメンテナンスサービスを提供するリンデ・エンジニアリング。同社では、そのビジネスプロセスの合理化と、より安全なサービス提供を実現すべく、OTデータ管理と共有の新たな基盤を導入する。

アヴィバ株式会社

プラントなどの設備機器のトラブルに対応するには、OTデータを関係者間でシームレスに共有し、組織全体で問題解決に当たる必要があるが、拠点ごとにデータがサイロ化/属人化している状況では実現が難しい。これを解決する方法とは?

関連記事

自動車業界向けAI活用入門(前編):

AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。

(2022年6月21日)
製造業IoT:

IoTデバイスを通じて動画や音声など多種多様な通信データをリアルタイムに取得したいというニーズの高まりとともに、データ通信量の大容量化も進んでいる。この中でリアルタイムなデータ通信を実現するIoT基盤を用意するかが課題になるが、アプトポッド 代表取締役は「当社は4G時代から備えてきた」と応える自信を見せる。

(2022年6月9日)
製造マネジメント インタビュー:

現場で生まれる大量のデータ。これを生かして開発や生産のタイムリーな改善に貢献する――。そのような業務に携わる技術者は多いだろう。島津製作所で製造推進部 課長を務める丸山和也氏、同部 主任の山川大幾氏も、現場データをどのように保存、分析し、活用するかといったデータ活用の枠組み立ち上げにまい進する技術者だ。

(2020年1月17日)
DXによる製造業の進化(2):

国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第2回は、DX時代(DXが進んだ未来)にどのようなビジネスが創造されるのか、その方向性を解説する。

(2022年7月4日)
製造ITニュース:

凸版印刷は、クラウド型製造DX支援ソリューション「NAVINECTクラウド」に、製造装置の稼働状況やロス内容の記録を効率化する「稼働管理」サービスを追加した。簡単な画面操作で、装置の稼働予定や実績、イベント、ロス内容などを記録できる。

(2022年1月24日)
海外医療技術トレンド(73):

本連載第71回で、米国の医療AIの市場動向を取り上げたが、今回は医療分野の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)と5G/エッジコンピューティングの適用動向を紹介する。

(2021年7月16日)

提供:アヴィバ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2022年9月26日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.