ニュース
» 2017年07月25日 12時00分 UPDATE

シノプシス DesignWare EV6x:組み込みビジョンプロセッサのCNNエンジンを強化

シノプシスは、同社のエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Vision Processors」に搭載されている畳み込みニューラルネットワーク(CNN)エンジンを強化した。従来製品と比較して性能が4倍向上している。

[提供:MONOist編集部,ITmedia]

 シノプシス(Synopsys)は2017年6月27日、同社のエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Vision Processors」に搭載されている、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)エンジンを強化したと発表した。この最新のCNNエンジンをオプション装備できるプロセッサ「DesignWare EV61/62/64」は、同年8月に提供予定だ。


 DesignWare EV6x Vision Processorsは、最大4つの512ビットベクターDSPとプログラマブルなCNNエンジンを組み合わせた独自のアーキテクチャを持つ。

 強化されたCNNエンジンは、16nm FinFETプロセスでの試作実装において最大4.5TeraMACs/秒の処理性能を記録し、従来製品と比較して性能が4倍向上している。また、係数と特徴マップ(feature map)の圧縮/復元をサポートすることで、処理するデータ量を減らし、消費電力を抑制する。

 これにより、高性能のエンベデッドビジョンアプリケーションに求められる高い動画解像度とフレームレートの処理に対応する。また、技術的な課題であった小面積での高度な処理性能と低消費電力の両立も可能になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.