ニュース
» 2016年11月29日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:「ディープラーニング」が製造業にもたらすインパクト

人工知能やディープラーニングといった言葉が注目を集めていますが、それはITの世界にとどまるものではなく、製造業においても導入・検討されています。製造業にとって人工知能やディープラーニングがどのようなインパクトをもたらすかを解説します。

[TechFactory]

 囲碁と将棋でトップ棋士にコンピュータが勝利するなど、「人工知能」や「AI」そして「ディープラーニング」という言葉が注目を集めています。これらはITの世界にとどまることなく、一般社会や製造業にも大きなインパクトをもたらしつつあります。

 ここではここ数年で大きな進歩を遂げたディープラーニングについて、その概要とディープラーニングが製造業(組み込み)の世界にどのような影響を与えるのか、さまざまな事例を交えながら解説します。

「2015 国際ロボット展」にてファナックが行ったピッキングロボットのデモ ディープラーニングと製造業」で最も有名な応用例は、Preferred Networksとファナックが協力して実現した、ピッキングロボットの事例でしょう。ロボットが「バラ積みされた部品のどこを空気吸引でつかむべきか」を、自分で取得した大量の画像データ(とその結果)を利用して学びとります(写真は「2015 国際ロボット展」にてファナックが行ったピッキングロボットのデモ)

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、MONOistに掲載した「世界を変えるAI技術「ディープラーニング」が製造業にもたらすインパクト」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.