メディア

[PR]製造現場の遠隔作業支援ツール

製造業においてもリモートワークなどの新たな働き方が広がるなか、大きな注目を集めている「遠隔作業支援」。自宅やオフィスなどから現場作業を支援できるようにすることで、生産性の向上のみならず、技能伝承などの課題解決策としても期待されています。本特集ではこうした製造現場の作業を支援する「遠隔作業支援ツール」を特集します。

Special Contents

TeamViewerジャパン株式会社

日本の製造業を支えてきた現場力。それがベテランの退職や次世代を担う人材の不足などで技術伝承が難しくなっている。熟練工の技術を伝承しつつ作業手順をデジタル化し、製造部門全体の最適化につながる「人」中心のソリューションとは?

製品・ソリューション

IDEC株式会社

IoTは製造業を中心に多くのシーンで導入され始めている。IoTによる遠隔監視で設備の運用最適化や点検が容易になるほか、山間地、広大な倉庫など人の目だけではカバーしきれない多様な現場で監視を行き届かせられる。問題は実現方法だ。

TeamViewerジャパン株式会社

製造現場主体の柔軟な製作を強みとする一方、オフィスと現場を往復する担当者の業務負荷が課題となっていた東京特殊車体。解決策として導入したのが、AR(拡張現実)による効率的な遠隔支援を実現するソリューションだ。

TeamViewerジャパン株式会社

ピッキング品質とパレット梱包の精度向上を目指し、新たなテクノロジーの採用を検討していたコカ・コーラHBC。そこで選ばれた、作業手順をデジタル化するツールとスマートグラスの組み合わせが、現場にもたらした効果の全貌とは?

関連記事

製造ITニュース:

ザクティは2021年6月30日、業務用ウェアラブルカメラを活用した遠隔支援ソリューション「Xactiクラウドサービス」を開発したことを発表した。フルHDの高画質映像をクラウドサーバ上に保存できる。

(2021年7月6日)
VR/AR/MRニュース:

サイバネットシステムが販売を手掛けるAR遠隔支援ツール「Vuforia Chalk」を、エムティエスジャパンがサポートサービスに採用した。現場のスマートフォンなどの画面を共有し、遠隔からリアルタイムで指示を書き込める。

(2022年4月15日)
製造ITニュース:

サン電子は、マルチデバイス対応の業務支援アプリケーション「AceReal Assist」を活用したパッケージソリューションの提供を開始した。作業者が使用するスマートグラスを拡充したことで、業務の用途に合わせて機種を選択可能になった。

(2021年11月12日)
スマートファクトリー:

NECとNECプラットフォームズは、NECプラットフォームズ甲府事業所において、ローカル5Gを活用したピッキングロボットの遠隔操作と遠隔作業支援の有効性が確認できたと発表した。今後、実用化に向け2021年度は価値検証を進め、2022年度中に本格導入を目指す。

(2021年4月6日)
産業用AR活用:

withコロナの時代において、現地対応を余儀なくされる従業員/スタッフの安全と顧客ニーズの双方を満たす、新たなコミュニケーション手段が求められている。その解決策としてPTCは、リアルタイム遠隔支援「Vuforia Chalk」を訴求する。その特長、活用メリットとは?

(2020年12月10日)
製造ITニュース:

リコーは、5Gの高速大容量、多数同時接続、低遅延を活用し、製造工程を効率化する技術を開発した。同技術をデジタルカラー複合機の量産組み立て工程に実装し、検証を開始した。

(2022年7月11日)

提供:IDEC株式会社/TeamViewerジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2022年9月29日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.