メディア

[PR]予知保全〜デジタル変革で工場の生産性向上を実現〜

対象設備の稼働状況などを収集し、これらのデータから生産設備や機器の故障やトラブルの予兆を捉える「予知保全」。スマートファクトリーの実現に欠かせないこの仕組みを特集します。

Special Contents

パナソニック インダストリー株式会社

設備の老朽化による故障を未然に防ぐ「予知保全」へのニーズが今、拡大している。だが振動や音など外乱の多い製造現場では既存の手法がうまくいかないケースも多かった。そんな諦めていた設備でも診断可能な「高調波による予知保全」とは?

製品・ソリューション

Cognite株式会社

これまで人の手に頼ってきた製造現場における多くの業務を、ロボットに代行させようという動きが加速している。単にハードウェアとしてのロボットではなく、デジタル変革に組み込める新たなロボットの活用シーンを紹介していく。

Cognite株式会社

製造現場でもAIやIoTの導入が進む一方で、IT/OTデータは現場のみで管理されるケースも多く、データの分断が深刻化している。この課題を解決した旭化成は、3Dモデルや図面などプラント操業にかかわるデータを、どう有効活用しているのか。

パナソニック インダストリー株式会社

人による定期監視では発見できなかった飲料搬送用コンベヤーの状態異常を検知した、「高調波センシング×AI」による設備診断サービス。音や振動などの外乱が大きい工場で、なぜ設備内部の異常を見抜けたのか。その技術的背景に迫る。

パナソニック インダストリー株式会社

センサーによる予知保全に対するニーズが高まる一方、期待した成果を挙げられていないという声も多い。この解決のために新開発された「高調波センサー」とAIの組み合わせは、設備診断と予知保全の従来課題を解決できるか。

関連記事

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(2):

工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第2回は、「設備保全」の5つの方式ついて解説する。

(2022年1月19日)
人工知能ニュース:

東芝は、測定した時系列データから対象となる機器の状態や動作を表現する物理モデルを自動で生成し、機器の「異常検知」に加え、従来は困難だった「異常発生の原因」となった物理現象を提示できるAI技術を開発したと発表した。

(2021年11月5日)
FAニュース:

アズビルは、オンライン異常予兆検知システムのスターターパック付きライセンス「BiG EYES EM」の販売を開始した。AI診断やリモート予知保全の活用、導入から運用までのサポートを通じ製造機械メーカーのDXを推進する。

(2021年3月23日)
MONOist 2022年展望:

AI(人工知能)の活用が広がりを見せている。こうした中で、新たな動きとして定着が進んでいるのが、工作機械や射出成形機など、製造機械へのAI機能の組み込みである。2022年はこうした動きがさらに加速し、AIの学習までを機械メーカーが担って出荷する動きが進む見込みだ。

(2022年1月26日)
FAニュース:

オムロンは2021年12月9日、車や半導体の生産プロセスで使用されるヒーター設備の劣化傾向を見える化し、予兆保全を可能とする状態監視機器「K7TM」を2022年4月1日からグローバルで販売すると発表した。

(2021年12月13日)
スマートファクトリー:

パナソニック インダストリアルソリューションズ社(以下、パナソニック)は2021年2月8日、高調波センサーとAI(人工知能)の組み合わせによる「AI設備診断サービス」の提供を同年4月に開始すると発表した。工場などの制御盤内にセンサーを後付けで設置するだけで設備の「いつもと違う」を把握し予兆保全を実現できる。

(2021年2月8日)

提供:Cognite株式会社、 パナソニック インダストリー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2022年6月21日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.