メディア

[PR]工場の働き方改革〜部門間コラボレーションツール〜

生産性の向上や、コロナ禍への対応に向けたリモートワークの推進などが求められている製造業。これまでとは異なる新たな働き方を目指す上では、部門間におけるスムーズな情報共有手段の構築が欠かせないものとなりつつあります。本特集ではこうした製造現場の働き方改革に役立つ「部門間コラボレーションツール」を特集します。

製品・ソリューション

Slack (株式会社セールスフォース・ジャパン)

チーム作業の効率化に役立つ「Slack」。Slackはさまざまな分野や部門で利用されているが、特にソフトウェアエンジニアリングは理想的なユースケースといえる。その理由とは?

Slack (株式会社セールスフォース・ジャパン)

IoTを活用したカイゼン活動を推進し、大きな成果を残してきた旭鉄工。しかし、設備状況を可視化していても、それを社内で広く共有できなければ、さらなる成果にはつながらない。この課題の解決に乗り出した同社の取り組みを紹介する。

関連記事

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(5):

本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第5回は製造業の“稼ぐ力”を育てる上で重要になる、原価の見える化を、実際の事例を取り上げて紹介していこう。

(2021年11月29日)
組み込み開発ニュース:

デンソークリエイトは、システムやソフトウェアの開発を支援する設計ツールの最新版「Next Design v2.0」の提供を開始した。独自のGitマージツールにより分散開発に対応し、変更差分を可視化しやすいファイル形式が利用可能となった。

(2022年2月4日)
「5つのムダ」から取り組むDX時代の真のカイゼン(2):

本連載では製造業が取り組むべき、DX時代の「真のカイゼン」について解説する。第2回では生産現場でのカイゼンを通じて、企業全体でのDXを実現するために意識すべき点を紹介したい。

(2021年11月26日)
製造ITニュース:

日立製作所はLumadaの1ソリューションとして、製品の3D CADデータから最適な組み立て順序を算出して、3Dの組み立て手順書を自動作成する「組立ナビゲーションシステム」を提供中だ。手順書を自動作成することで何が変わるのか。担当者にシステムの強みや技術的仕組み、開発の背景を聞いた。

(2021年5月10日)
製造ITニュース:

PTCは、SaaSを基盤としたPLMソリューションの最新版「Windchill+」の提供を開始した。SaaSを基盤とすることで、DX推進の効果とPLMの持つ俊敏性やオープン性を兼ね備えている。

(2022年5月11日)
メカ設計ニュース:

NVIDIAは、デザイナーやクリエイターをバーチャルにつなぐことができるサービス「Omniverse Cloud」を発表した。ユーザーはどこからでも大規模な3Dシーンにアクセスして、複数人が同じ空間にいるかのように共同作業ができる。

(2022年4月4日)

提供:Slack (株式会社セールスフォース・ジャパン)
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2022年9月29日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.