メディア
Special
» 2024年01月30日 10時00分 公開

製造業はRPAと相性抜群? 3社の事例から成果を挙げる活用方法を読み解くスターティアレイズ株式会社提供Webキャスト

ある調査によると、RPAの導入率が際立って高い業界は製造業だという。実際にRPAをどのように活用しているのか。3社の事例を基に、具体的な活用方法を紹介しつつ、成果を挙げる秘訣を探った。

[PR/TechFactory]
PR

 PCを使った定型的・反復的な業務を自動化するためのツールであるRPA。あらゆる業界で導入が進んでいるが、ある調査によると、製造業での導入率は32.5%とずばぬけて高いという。製造業では製造部門をはじめ、品質管理(保証)部門や総務・経理部門などで定型業務が多く、RPA導入の費用対効果が高くなりやすい傾向があるようだ。

 レストラン・ホテル向け業務用食器の製造・販売を手掛ける光洋陶器も、RPA導入で大きな成果を挙げた企業の1つだ。ECサイトにおける在庫数の更新を自動化したことで、時間外でも在庫数を超えた注文を防ぐことに成功。顧客へのサービス品質を向上させた他、多数の業務で活用し、毎日約2時間の作業時間削減を実現している。

 本Webキャストでは同社に加え、基幹システムからのCSVデータのダウンロードを自動化したミモトや、生産管理システムへの入力作業を自動化したイーゲートなど、3社の事例を紹介している。これらの具体的な活用方法を参考に、RPAの効果をさらに向上させるためのヒントをつかんでほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.