メディア
Special
» 2024年01月17日 10時00分 公開

最新ワークステーションで始める産業用メタバースとデジタルコラボレーション今こそ次の挑戦に向けた環境整備を

エンジニアリングチェーンの各プロセスを分断する壁をなくし、さらなる3Dデータ活用、バーチャル空間でのモノづくりを推進するにはどのような環境が求められるのか。将来の産業用メタバース活用を視野に最適解を提示する。

[PR/TechFactory]
PR

 製品開発の高度化や複雑化により、エンジニアリングチェーン全体にかかる負荷はより一層大きくなっている。このような状況を打破すべく多くの企業がデジタル化を進めてきた。だがそのほとんどがプロセスごとの個別最適にとどまっており、サイロ化を引き起こしている。このままでは部門を横断した連携に支障を来し、意思決定の遅れを招いてしまう。今多くの企業で求められているイノベーションの創出もかなわないだろう。

 エンジニアリングチェーンを強化するにはサイロ化された状況から脱却し、企画、設計、生産準備、製造といった各プロセスの連携、情報共有が不可欠だ。さらに、高度化が進む製品開発に対応するには3Dデータ活用の促進、バーチャル空間での可視化やシミュレーションにも取り組まなければならない。いわゆる産業用デジタルツイン/産業用メタバースの実現だ。

 そう聞いた途端、「時期尚早だ」「うちでは無理だ」と思われるかもしれないが、実はそうでもない。前提となる複数プロセスを横断したデータの融合/集成(データアグリゲーション)をより低コスト、より軽い負担、より身近な方法で実現する環境が整ってきたからだ。ならば1日も早くそこに踏み出すことが、自社の競争優位性の確保につながるはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部