メディア
Special
» 2023年12月28日 10時00分 公開

映像+AIで製造業の現場DXを加速、高精度な位置測位による実現方法とは?富士通株式会社提供Webキャスト

工場の人の動線改善やモノの位置把握を目的に、位置測位システムを導入したものの、精度の低さや運用の大変さに悩むケースは多い。そこで注目したいのが、高精細な映像とAIを活用した人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。

[PR/TechFactory]
PR

 工場の稼働状況の可視化による作業の効率化、人員配置やコストの適正化、無人搬送車などの安全な自動化/遠隔化の推進といったニーズが、製造や物流の現場で高まっている。こうした中、無線による位置測位システムを既に活用している企業も多いが、「計測結果がずれる」「金属が近くにあると結果が変動する」「対象にビーコンやタグを付けられず運用が大変」といった悩みを抱くケースは多い。

 そこで注目したいのが、ネットワークカメラから取得した高精細な映像と、AIを組み合わせ、人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。これにより、ミリメートルレベルの位置測位を、対象物へのセンサー取り付け不要で実現。また、近隣金属の影響を受けないこと、人とモノを同時に測位できること、複数カメラの連携で動きのある対象を広範囲に測位可能なことも魅力だ。

 本動画では、現場DXを強力に支援する同ソリューションの特長やアーキテクチャについて解説する。無人搬送フォークリフトの遠隔制御や危機回避、作業者の動態/行動分析といったユースケースも紹介しているので、参考にしてほしい。

※本動画は、2023年6月に開催されたセミナーを収録したものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.