メディア
Special
» 2023年12月27日 10時00分 公開

製造業の「再エネ活用」の課題を解決、京セラが展開する新事業とは?企業の再エネ導入のハードルを下げる

製造業の経営課題となっている再エネ活用だが、その具体策の選定に悩む経営層や企業のCSR担当者も多い。京セラがこうした製造業の再エネ活用の課題解決に向けて、再エネ導入のハードルを下げる新サービスを発表した。その内容とは?

[PR/TechFactory]
PR

 昨今、多くの製造業にとって喫緊の課題である再生可能エネルギー(再エネ)の活用。政府が掲げるカーボンニュートラル目標に向けた取り組みとしてはもちろん、企業価値の向上や取引先への対応など、さまざまな点で欠かせない要件となっている。近年のエネルギーコスト上昇を受け、安定した電力調達の手法として再エネを検討する企業も増えている。

 しかし、まだ企業の再エネ活用のハードルは高いというのが現状だ。自社設備への太陽光発電の導入や再エネ電力の購入など複数の手段があるが、いずれもコストや安定供給、環境価値の取り扱いといった面で課題が残る。「どういった手段で、どのように再エネを活用・導入すべきか」と悩む製造業の経営層やCSR担当者も多い。

 こうした製造業の再エネ活用の課題解決に向けて京セラが新たに展開するのが、「再エネ電力供給ビジネス」だ。“初期費用ゼロ”かつ長期安定的に太陽光由来の環境価値を持った再エネ電力を導入できるという、製造業のニーズに真正面から応えた同社の新サービスの詳細を解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:京セラ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部