メディア
Special
» 2023年12月13日 10時00分 公開

人手不足の救世主 豊富なAIソフトウェアに対応する製造業向けのスマートグラス産業用スマートグラス

製造業全体で熟練技術者が減少し、技術伝承や若手教育が課題になっている。これらの解決に加え、業務の効率化にも役立つのが現場作業向けスマートグラスだ。音声操作により完全ハンズフリー操作を実現した「Navigator 520」を紹介する。

[PR/TechFactory]
PR

 少子高齢化を背景に製造業の人手不足が深刻化している。現在進行形で、現場作業員の不足は生産や納期の遅延につながりかねない重大な問題だ。このため、熟練技術者の技術伝承や若手技術者の業務支援、育成に多くの企業が関心を寄せている。

 ではどう取り組んだらよいのか。技術伝承は熟練技術者の暗黙知を誰にでも分かりやすく形式知化することが重要だ。テキストベースのマニュアル作成などさまざまな方法があるが、考えるべきは形式知化の効率性や技術の再現性の観点だ。この点では、熟練技術者の目線や作業時の手元を映像などでそのまま記録できるツールが一歩抜きんでている。

 技術者は映像を基に最適な作業の仕方を学び、技術を向上させることができる。傍らで熟練技術者が付きっきりで指導したり、マニュアルを懸命に読み解いたりする必要がない。

 とはいえ、サポートを要するときもあるので、現場の求めに応じて熟練技術者が遠隔支援できる仕組みも必要だ。さらに、業務の効率化や自動化、高度化を実現するソリューションなども技術伝承のツールと一体化して利用できればなお良い。こうした観点から注目を集めているのが産業用スマートグラスだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:RealWear Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部