メディア
Special
» 2023年11月28日 10時00分 公開

Microsoft 365のデータ保護を強化する、バックアップのベストプラクティスVeeam Software Japan株式会社提供Webキャスト

「Microsoft 365のバックアップは、プロバイダー任せで十分」という認識は誤りだ。意図しないデータの削除や、セキュリティリスクに対応するためにも、ユーザー自身の手でバックアップし、データ管理ができる環境を構築しておきたい。

[PR/TechFactory]
PR

 Microsoft 365(旧:Office 365)のデータはクラウド上に保存されるが、それらの保護をプロバイダー任せにしても大丈夫というのは、誤った認識だ。もちろん、Microsoft 365にもデータ保護機能は備わっているものの、セキュリティ上の脅威に完全に対応できるわけではない。

 また、ユーザーによる意図せぬ削除を防ぐ機能はなく、さらにデータ保持ポリシーが自社と異なる場合は対応が難しくなるなどの課題もある。こうした課題を解消するためには、サードパーティー製バックアップソリューションの活用が鍵になる。

 そこで注目したいのが、優れたバックアップ機能と復元機能に加え、コンプライアンス要件にも対応する強力な検索機能を備えた、Microsoft 365特化型のバックアップソリューションだ。本Webキャストではそのアーキテクチャに加え、設計・サイジングのベストプラクティスや、バックアップと復元の実行方法についてデモを交えて解説しているので、参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.