メディア
Special
» 2023年11月30日 10時00分 公開

2年間で654時間を削減 小田急電鉄が推進した購買管理基盤による業務変革購買業務改革

為替を含む物価高騰などの影響を受け、企業を取り巻く購買環境は厳しさを増している。こうした中でより効率的な購買業務の実現に取り組んでいるのが大手私鉄の小田急電鉄だ。同社の取り組みを紹介する。

[PR/TechFactory]
PR

 購買業務は事業の遂行を支える重要な役割を担っているが間接業務として見られ、一般的な企業ではその改善に大きな労力を割く取り組みが少ない。しかし、為替による物価高騰や地政学的なサプライチェーンの不安定さなどが年々高まる中で購買業務の負荷は高まり続けており、事業遂行の遅れや妨げになるケースも生まれている。こうした購買業務の煩雑さに悩んでいたのが、大手私鉄の小田急電鉄だ。小田急電鉄はどのような取り組みを行い、購買業務の効率化を実現したのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ビズネット株式会社、小田急電鉄株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部