メディア
Special
» 2022年08月18日 10時00分 公開

工場の在庫/作業員のリアルタイム管理、大きな設備投資なく実現する方法とは株式会社オープンストリーム提供Webキャスト

工場や倉庫などの現場では、いまだに多くの業務が手作業で行われ、その管理もベテラン従業員に属人化しているという現実がある。作業の効率化やコストカットを目指すためには、ITによってデジタル変革を図る必要がある。

[PR/TechFactory]
PR

 工場や倉庫などの製造現場では多くの業務が手作業で行われ、その管理も経験豊富なベテラン従業員に属人化しているというケースが少なくない。この状況を根本的に変えなければ、生産性の向上や運用コストの最適化は実現しがたい。

 打開策として期待されているのが、生産管理のIT化だ。製造実績や機器の稼働実績、材料や部品、製品の在庫状況などのデータの収集を手作業で行うのでなく、ICタグやハンディターミナル、各種センサーなどを活用して効率化する。例えば、多種多様な在庫のある現場では、その所在を探すだけでも時間がかかりがちだが、それらの所在や数をリアルタイムで確認できるようになる。

 大きな設備投資なしに、現環境に導入できる点も大きなメリットだ。本コンテンツは、工場のDX化を促進するこれらのソリューション群を、実演も交えながら紹介するWebキャストだ。生産管理に必要なデータの収集・可視化・共有のための豊富な機能を備えており、現場のさまざまな悩みを解決できそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.