メディア
Special
» 2022年08月08日 10時00分 公開

ハイブリッドクラウド環境でシームレスに、サイト間データ連携を実現するには?日本電気株式会社/ホワイトペーパー

オンプレミスとクラウドが混在するハイブリッド環境が一般的になった一方、分散するサイト間のデータ連携に課題を抱えている組織も散見される。シームレスなデータ連携で、サイトの垣根を越えたデータ活用を促進するための最適解に迫る。

[PR/TechFactory]
PR

 インフラや開発環境をハイブリッドクラウド化する動きが加速している。その背景には、オンプレミスとパブリッククラウド、両者の得意領域を組み合わせて、いわば「良いとこ取り」の運用を実現することで、ビジネスプロセスの最適化や可視化、コストの抑制を図ろうという狙いがある。

 一方で、オンプレミスやパブリッククラウド、プライベートクラウドなどにサイトが分散するハイブリッド環境においては、どのようなIT基盤と方法を用いてサイト間のデータ連携が望ましいのかについて悩んでいる組織も少なくない。オンプレミス側は大規模な基幹系業務にも対応可能なストレージで基幹業務を守りながら、その中でクラウドも有効に活用して高い効率性と新しいデータ活用業務を創出させるような両方のメリットを最大限に生かせる手段が望ましい。

 本コンテンツでは、ハイブリッドクラウド環境における、シームレスかつ安全なサイト間データ連携を可能にするストレージと、その構築、保守サービスについて紹介する。併せて、アーカイブのファイル単位復旧といったユースケースも紹介するので参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.