メディア
Special
» 2022年08月08日 10時00分 公開

収集から蓄積/分析まで、DX時代の大規模データ活用の課題をどう解消する?日本電気株式会社/ホワイトペーパー

DXが加速するにつれ、構造化/非構造化を問わず、全社内に存在する大量のデータの見える化や活用をどう実現するか悩む企業が増えている。その大量のデータを業務で活用するための分散処理基盤とはどのような仕組みなのか。

[PR/TechFactory]
PR

 DX推進の原動力として多くの企業が取り組んでいるのが、データ活用のさらなる促進だ。しかし、データやシステムのサイロ化により、取得データの分析範囲が限定的で、データ活用がなかなか進まないという企業も多い。

 データ活用を加速させる取り組みを成功に導くには、社内に点在するデータを集約するとともに、BIツールやAIなどで分析した結果を、部門を超えて利用できるようにするデータ活用基盤が必要になる。そしてその実現のためには、膨大かつ多種多様なデータを並列分散処理できる機能に加え、大規模データを最適な方法で管理、運用を可能とするスケールアウト型NASの特徴も注目すべきポイントとなる。

 本コンテンツでは、大量データを扱う上で有効な分散処理技術を搭載したデータプラットフォームと、ビッグデータ時代に最適なスケールアウト型NASを組み合わせたデータ活用基盤について紹介している。構造化/非構造化を問わず全てのデータの一元的な管理を可能にし、さらに利用規模に合わせた拡張もできるため、スモールスタートでコストを抑えた導入も容易になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.