メディア
Special
» 2021年11月19日 10時00分 公開

ビジネスへのAI導入を阻むハードル、8社に学ぶ製品選定や運用改善の課題解決法デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?

[ITmedia]

 製造DXや建築DX、ドキュメントDX、スマートシティー推進など経営陣の掛け声の中、各ビジネス部門や経営企画室、情シス部門で、「ビジネスにAIを取り入れたいが何から始めればよいか分からない」と悩む担当者は多い。確かにAIの導入に当たっては、課題認識や目標設定、プランニングなどの企画フェーズから、モデル開発や実装といった開発フェーズまでにおいて、最適な製品やサービスを選定する必要があり、また導入後も、システムの運用や改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは決して低くない。

 そこで注目したいのが、AIをビジネスに取り入れたい企業と、日本有数のAIベンチャーを含めた世界をリードするAIのプロフェッショナル企業(AIパートナー)とを結び付けるデル・テクノロジーズの「Dell de AI "デル邂逅(であい)" プログラム」だ。AIパートナー企業は、拡張アナリティクスや図面認識、過検出抑制・外観検査、AI翻訳をはじめそれぞれに特長のあるソリューションを提供し、AI導入の各フェーズから、適切な支援を行う体制を整えている。

 AIのビジネス活用を強力にサポートする先進AIパートナー企業のサービスの特長を、本資料で詳しく見ていこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.