メディア
Special
» 2021年10月26日 10時00分 公開

e.MMCを使いこなすための「6つのポイント」NANDフラッシュが手軽に組み込めるe.MMC入門

NAND型フラッシュメモリーとコントローラー、ファームウェアが一体になったストレージ「e.MMC」。NANDフラッシュを手軽に機器に組み込めるe.MMCとはどのようなストレージかを紹介しつつ、使いこなすためのポイントを解説する。

[PR/TechFactory]
PR

 不揮発性メモリーとして、あらゆる電子機器に搭載されているNAND型フラッシュメモリー。安価で大容量を実現するNANDフラッシュではあるが、適切に制御、管理しなければ、NANDフラッシュが持つ本来の寿命、性能を発揮できず、『扱いが難しい』という課題を抱えてきた。

 このNANDフラッシュの扱いの難しさを軽減するストレージのひとつが「e.MMC」であり、e.MMCによって組み込み機器領域でのNANDフラッシュの利用が促進されてきたと言える。

 e.MMCは、NANDフラッシュを使う上で欠かせないコントローラーと制御用ファームウェアが一体になったストレージシステム。ユーザーはe.MMCを使えば、高度なNANDフラッシュの制御/管理ノウハウなしに、機器にNANDフラッシュを組み込むことが可能になる。しかも、安価なマルチレベルセル(多値)NANDフラッシュをシングルレベルセル(SLC)のように制御、管理し高信頼、長寿命を実現する「疑似SLC制御」など、高度な制御/管理機能も手軽に利用できる。

 開発負荷が軽減され、疑似SLC制御など高度な制御も行えるe.MMCは他にもさまざまな利点を備える。本稿では、あらためてe.MMCとはどのようなストレージシステムで、どのような利点を持つのかを紹介するとともに、e.MMCを実際に使いこなす上で知っておきたい「6つのポイント」を解説していく。

本稿の主な内容

  • e.MMCの基礎知識
    • e.MMCとは
    • e.MMCの利点
    • SDカードとの違い
  • e.MMCを使いこなすための6つのポイント
    • 劣化状態を判断する方法
    • 効率良くデータを書き込む方法
    • 疑似SLC制御機能の設定方法
    • 52MHz以上の高速動作に切り替える方法
    • 読み出し/書き込みをロックする方法
    • 電源遮断に備えた設定方法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社マクニカ
アイティメディア営業企画/制作:EE Times Japan 編集部