メディア
Special
» 2021年09月01日 10時00分 公開

IPC業界の”ダークホース企業”が日本市場に本格参入、電子監視システムでIPCやカメラ、ソフトまでワンストップで提供

電子監視システム開発では、ソフトウェアやハードウェア間の異なる仕様をマッチングさせるという課題がしばしば生じる。この課題を解決するのが、システム統合に圧倒的な強みを持つ台湾のセキュリティ機器メーカーEverFocus Electronicsだ。

[PR/TechFactory]
PR

 アナログカメラからIPカメラへの切り替えおよび画像分析、AI(人工知能)の発展によって、監視システムに求められる役割は大きく拡大した。現在、従来のような単純な監視や画像の記録だけでなく、顔認証や行動、物体検知などを用いたソリューションの導入/検討が、交通システムや車両、商業施設といった幅広い分野で進んでいる。

 こうしたソリューションにより、施設における人数カウントや追跡、火災警報のほか、交通システムにおける車両の管理、クルマのドライバーの視覚支援や眠気検知など、安全性や利便性の向上、業務の効率化などが期待できる。

 一方で、サーバシステム、エッジコンピュータ、カメラ、AI技術、ソフトウェアなどの異なるメーカーの製品やさまざまな要素技術の統合が必要不可欠となる電子監視システム開発において、開発者はソフトウェアやハードウェア間でそれぞれ異なる仕様をマッチングさせなければならないという課題に直面してきた。

 台湾のセキュリティ機器メーカーEverFocus Electronics(以下、EverFocus)は、こうした課題を解決し、顧客の理想をかなえるための総合的なソリューションを提供する。同社のどのような技術や製品が、こうしたソリューションを実現しているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:EverFocus Electronics Corporation
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2021年9月30日