メディア
Special
» 2021年02月03日 10時00分 公開

クラウドが開発“競争”を“共創”に変える――自動車業界で進む変革開発者同士がテレワ―クで共同作業

自動車技術の研究や普及を担う団体が、クラウドを使って企業の垣根を超えた取り組みを開始した。それをベースに、さまざまな業界が参加する「スーパーテレワーク・プラットフォーム」の構築にも取り組んでいる。壮大な取り組みの中身とは。

[PR/TechFactory]
PR

クラウドを活用し、国際標準記述のモデルベース開発を推進する自技会

 自動車技術会(以下、自技会)は、1947年に「自動車に関わる科学技術の進歩発達を図り、もって学術文化の振興及び産業経済の発展並びに国民生活の向上に寄与する」ことを目的に、自動車業界の関係者約1500人で設立された公益社団法人だ。

 その事業は、自動車に関する技術の調査研究をはじめ、研究発表会や学術講演会の開催、会誌、図書の刊行、規格の作成、関連機関や団体との提携や交流にも及ぶ。現在の会員数は5万人を超え、国内有数の学術団体の一つだ。国外でもFISITA(国際自動車技術会連盟)やAPAC(アジア太平洋自動車技術会議)の有力メンバーとして、積極的な活動を展開している。

 日本の製造業界においては、開発に関わる機密性の高い情報のセキュリティリスクを考慮し、クラウドの導入や運用にはなかなか踏み切れない例も少なくない。一方で、クラウドを活用できる環境や条件が整えば、その利便性が「データの共有」や「コミュニケーションの迅速化」といった形でものづくりに貢献する可能性は大きい。

 自動車業界は現在「100年に1度の変革期」とも呼ばれ、ビジネスモデルの変革を迫られている。コネクテッドカーや自動運転、シェアリング、電動化の4つを総称した自動車の技術トレンド用語「CASE(Connected、Autonomous/Automated、Shared、Electric)」も普及する中、実用化に向けた検証を迅速に進めることも重要だ。これまでメーカー同士の“壁”に阻まれがちだった開発者同士のノウハウ共有や共創を推進しようと、組織の一部でクラウドを使った革新的な取り組みが始まった。

※本稿は、TechTargetジャパンからの転載記事です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:さくらインターネット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部