メディア
Special
» 2020年11月17日 10時00分 公開

「技能伝承」「海外連携」「トラブルの未然防止」に悩む製造業必見!:製造業の課題を解決する「ナレッジマネジメント」、成功に必要な3つのポイントとは

技術やノウハウの伝承、さらなる業務の効率化の実現――こうした多くの製造業が抱える課題の解決には、社内や現場に浸透した見えないナレッジの見える化と活用が有効なのは明らかだ。しかしその活用には障壁も多く、一筋縄ではいかないのも事実。製造業がナレッジをフル活用するためのポイントとは?

[PR/TechFactory]
PR

 企業の中には、さまざまなナレッジやノウハウがある。これらは、独自性や強みの源泉であり、宝の山と言える。おそらく、作業手順をマニュアル化したり、過去のトラブルをドキュメント化したりと、共有できる形にする取り組みは行われているだろう。しかし熟練エンジニアの経験や勘所のように、その人にひも付いている技やスキルをいかに伝承するかは、多くの製造業にとっていまだ大きな課題といえる。

 さらに言えば、本人すら気づいていない、しかし他の人には真似できない「ちょっとしたコツ」のようなものもある。例えば、同じ作業をしているのに速くてミスがない人や、いつも質の高い設計を行う人には、マニュアルには表現されない「何か」がある。本人としては「普通にやっているつもり」でも、他の人にとってはそれが貴重なノウハウなのだ。

 一方、こうした「表現されないノウハウ」は、そのままの状態では本人以外が活用することは非常に難しい。文章で表現したり、図やQ&Aなど、形式化された伝達可能なナレッジに落とし込む必要がある。そのため、マニュアルなどの作成に大きく力を入れているという製造業も多いだろう。

 しかし、既にナレッジが共有可能な形式になっていたとしても、その運用が課題となるケースもある。多くの場合、組織内のナレッジは、業務マニュアルや設計基準書、過去トラ集、作業報告書などの形でファイルサーバ上のフォルダで管理されていると推察するが、参照したい情報は「前製品の仕様書」、「前バージョンのレビュー記録」などのように、フォルダをたどれば見つかる明確なものばかりではない。どこにあるかわからない、何か参考になる情報を探すような場合には、すべての宝の中から検索したいところだが、一般的なフォルダ管理ではそれは難しい。結局、強みであるはずの経験や知恵を活用しきれない――こうした課題を抱える製造業は多いはずだ。

 このような製造業のナレッジ活用の課題解決をサポートしているのが、アクセラテクノロジだ。同社は、上記のようなナレッジマネジメントの課題に対するソリューション提供と、その導入や定着を支援するコンサルティングを提供しており、これまで大手自動車メーカーをはじめ、多くの製造業への豊富な支援実績を持つ。同社によると、製造業がナレッジマネジメントを成功させるためには大きく3つのポイントがあるという。

重要性は認識していても、うまく運用できない「ナレッジ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:アクセラテクノロジ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部