メディア
Special
» 2020年10月05日 10時00分 公開

スマート工場:コロナ禍の中で一歩先行くスマート工場を実現、AIの困りごとに全て応える

日本の製造業がIoTやAIを活用したスマート工場への取り組みを強化する中で発生した新型コロナウイルス感染症の感染拡大。工場でも作業者の安全と健康を守るシステムの導入が急務だが、そこでもIoTやAIといったデジタル技術が大いに役立つ。半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューションプロバイダーのマクニカは、スマート工場向けに提案してきた多彩なデジタル技術を基に新型コロナ対応ソリューションの展開を始めている。

[PR/TechFactory]
PR

製造業における新型コロナ対応で注目されるデジタル技術

 日本の製造業はモノづくりにデジタル技術を導入して革新を起こし、競争力強化や収益向上、新しいビジネスモデル創出などを実現すべく、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用したスマート工場への取り組みを強化している。

 だが、そうした中で突然に降りかかってきたのが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックという課題だ。比較的柔軟に在宅勤務への移行が可能な一般オフィスとは異なり、モノづくりの現場である工場は、作業員が出勤して業務を継続する必要があるため、この想定外の事態に容易に対応することができない。

 では、製造業はいかにして最優先の課題である作業者の安全と健康を守りながら、生産活動を維持することができるだろうか。実は工場におけるコロナ対応としても、IoTやAIなどのデジタル技術が大いに役立つと注目されているのだ。

 この新展開の最前線に立つのが、スマート工場向けに多彩なデジタル技術の提案を行ってきたマクニカである。長年にわたり培ってきた技術とノウハウを生かしつつコロナ対応に向けたさまざまなソリューションを短期間で構築し、幅広い製造業への提供を開始している。その具体的な内容を以下に見ていこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エヌビディア合同会社、株式会社マクニカ
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部