メディア
Special
» 2020年08月04日 10時00分 公開

理想のIoTシステムをノウハウなしに構築:「カイゼン」の実践事例に学ぶ、現場で“育てる”IoTのポイントとは?

製造現場で高まるIoTのニーズ。だがその活用には課題も多い。各デバイスから必要なデータを取り出して安全に連携させ、現場で改善を続けられる“理想のIoTシステム”をノウハウなしに構築できるのが、セゾン情報システムズの「HULFT IoTソリューション」だ。

[PR/TechFactory]
PR

 製造現場で「IoTを活用したい」といったニーズが増えている。だが単に膨大なデータを1カ所に集めればいいという話ではなく、不要なデータを取り除き、デバイスごとにばらばらなデータ粒度や時刻をそろえるなどの処理が必要。そのため製造現場で処理を行う「エッジコンピューティング」が求められる。

 しかし、必要なデータを取り出し、使える状態に加工して蓄積、システムと連携させていく……という仕組みの構築には、高いスキルや開発時間が必要で、「PoCの段階からなかなか進まない」という声も聞こえてくる。

 加えてコロナ禍。これまでIoTは、コスト削減や人手不足の課題解決が主な目的だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で、人が少なくても稼働できるようにしなければならなくなった。IoT活用の優先度が一気に高まったという現場も、少なくないだろう。

 だがIoTシステムの構築に必要な全てのノウハウがあり、現場の状況も理解しているスーパーエンジニアは、そう多くはない。仮に社内にいたとしても、その人しか分からない、いわゆる属人化の状態になっているだろう。外注という選択肢もあるが、新たなデバイスを追加したり、ラインを少し組み替えたりするたびに、コストをかけて外注するのでは、継続的なメンテナンスは難しい。

 理想は、各デバイスから必要なデータを取り出して、的確な加工を施し、安全、確実に転送するシステムを、特別なノウハウなしに構築できること。現場で改善、メンテナンスを続けられること。この理想を実現してくれるのが、セゾン情報システムズの「HULFT(ハルフト) IoTソリューション」だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社セゾン情報システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部